重森弘充が行う、冬の生活の工夫

バナー

重森弘充が行う、冬の生活の工夫

外だけでなく家の中も寒くなるのが冬です。けれどエアコンをガンガンにつけていると電気代もかかりますし、暖か過ぎてぼーっとしてしまいます。
お財布に優しく、快適な冬の生活が出来るように重森弘充は様々な工夫を行っています。

重森弘充は冬場出掛ける際は、天気がいい日はカーテンを閉めて行きます。太陽光を多く部屋に取り込むことで、重森弘充は部屋を暖かくしています。
エアコンの暖かさはエアコンをオフにするとすぐになくなりますが、太陽光の暖かさは長く残ります。そのため太陽光を積極的に取り入れるようにしています。
また取り込んだ太陽光の暖かさを逃がさないために、重森弘充は冬は部屋のカーテンを厚手にしています。厚手のカーテンにすることで、 断熱性を良くして部屋の暖かさをキープします。
厚手のカーテンは結露防止にもなるので一石二鳥です。手間は掛かりますがメリットが多いので、重森弘充は冬の時期になると厚手のカーテンに付け替えています。

寒さは足の裏から感じるものです。そのため重森弘充は自宅にいても靴下を履き、スリッパを利用しています。またパソコンデスクの前にいることが多いので、 パソコンデスクの足元には絨毯を敷いています。そうやって足の裏から寒さを感じないようにしています。

部屋の中でも厚着することを重森弘充は心掛けがけています。暖かいフリースを家の中でも着る事で、エアコンなどもつけず快適に過ごしています。

様々な工夫をして暖かく、財布にも優しい冬の生活を送っているのが重森弘充です。

Copyright (C) 2016 重森弘充が行う、冬の生活の工夫 All Rights Reserved.